ディズニー、接客のしかたに問題が・・・

昨日、クリスマスの満喫しようとディズニーシーへ!
まずはおすすめセットを頂くためニューヨーク・デリに行ったのですがそこであるトラブルが・・・

レジに並んだら私の前の方には車椅子のお子さんを連れたご家族がいらっしゃいました。
しばらくしてそのご家族の順番が。
どうやらアレルギーがあるらしくキャストに色々と質問が始まりました。
私は特に予定はなくそのご家族の様子を伺っておりました。
ところがです!
当然ですがレジキャストなので専門的な事は分からず、しかも説明の仕方もイマイチ・・・
そうこうしているうちに10分くらいが経ち段々とレジに並んでいるゲストたちがザワザワし始めました!
他のレジもそれなりに列が出来ていたので並び直すにも時間がかかる・・・
終わりそうもない家族への説明・・・
奥にいるキャストはただただ見ているだけ!
あまりにもレジキャストとアレルギーのご家族を放置状態だったのでカウンターにいるキャストに
「見てないで誰か来て対応して!」との声が!
でも返って来た言葉が「はい。今わかる人を呼んでますから」との返答・・・
結局この放置状態は続く・・・
カウンターのさらに奥の扉辺りでは少し責任のありげなキャストが何やらこの状況を見ながらヒソヒソ・・・
その時です。
列に並んでいた年配の女性がそのご家族に向かって
「ちゃんと決めてから並びなさいよ!時間無いんだからさ!」
何を言い出すんだ年配の女性!
今度はその年配の女性に
「なに言ってんだよ!この家族が悪いんじゃないじゃん!」
「アレルギーなんだから仕方ないだろ!だから聞いてるんじゃん!」
「悪いのはキャストの対応でゲストには関係ないだろ!」と・・・
しかも車椅子のお子さんが
「もういいよ。飲み物だけで!みんな並んでるんだからさ!」
「あとでOOさん呼んでもらえばいいんだから!そうすれば分かるから!」と言い出し・・・
それでも応援のキャストや専門の人は来ない。
奥ではヒソヒソは続く・・・
ゲストの怒りは増すばかり!
さらにカウンターのキャストに「誰でもいいから誰か来て対応しなよ!」と言っても
「今レジキャストが聞いてますから」と何の解決にもならない回答・・・
そしてやっとキャストが来たかと思えばレジキャストとご家族への対応ではなく並んでいるゲストに
「隣のレジを開けますので移動して下さい」と・・・
レジキャストとご家族はホッタラカシかい!
「そうじゃなくってこの家族の対応してあげなよ!」と声が飛ぶ!
そして先ほどの年配の女性も「そうよそうよ!」と・・・さっき言ってたのと違うじゃん!

暫くして結局ゲスト全体が隣のレジへと移動する事に・・・
やっとレジは正常な状態に戻ったその時、専門のキャストが到着!
これでこの混乱は終了・・・
終了なのか?

それにしてもディズニーらしからぬ対応でした!
こんな事は初めて!
いつもはゲストのメンドクサイ質問にも丁寧に答えてくれるし誰にでも優しい対応をしてくれるディズニーなのに・・・
そりゃいつも100%の対応はいくらディズニーでも無理だとは思います。
でも今回の件はどうかと・・・
100%の対応は無理でも100%に近づける対処・努力は出来たと思いました!
それがディズニーなのでは?
しかも車椅子でアレルギーのゲストに「もういいよ・・・」と言わせてしまった時点でもうアウトだと思う・・・
さらにご家族に八つ当たりして来た年配女性・・・
ゲストの中には地方から来てて時間がなかったり・・・
誰も対応、応援に来ないキャスト・・・
ヒソヒソと話すだけ見ているだけのキャスト・・・
アレルギーのご家族にも問題がなかったワケでもないとは思います。
「OOさん呼べば分かる!」という事なら前もって対応もあったかもしれない。
でもそんな事を言い出したらこのご家族は何処にも行けなくなってしまいます!
きっとディズニーシーを楽しみに来たはずなのに!
とにかくアレルギーのご家族や最初に対応したレジキャストが可愛そうでした・・・

こんな事を一個人が言ってもどうにかなるもんでもないし一個人のブログなんてディズニー(オリエンタルランド)が
見るワケも無く・・・
でも願わくばこの事が報告されてて改善に繋がっててくれればと願います。
それがディズニーの接客の精神だと信じて・・・

それにしても納得出来ない出来事でした!
思い出すだけでイライラ!なディズニーでした。
こんな事を想うのは私だけでしょうかね・・・

"ディズニー、接客のしかたに問題が・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント